声優の仕事はアテレコや吹き替えだけではありません。ラジオパーソナリティーや人形劇の声を勤めている人の中にも声優が多いですし、自治体や企業のマスコットキャラクターの声を声優が担当する事もしばしばあります。高度なテクニックと演技力を取得するために養成所でのレッスンが欠かせませんが、タレントや女優がそうであるように声優専門の芸能事務所も存在します。

多くのオーディションは主に事務所に募集をかけられますから、入所オーディションに合格しなければなりませんが、見事オーディションに合格して事務所所属になれたとしても、さらに仕事をつかむためのオーディションで選抜されなければならないのです。夢の声優になって活躍できるのはごく一握りである事は頭に入れておくべきです。人気声優としてトップに上り詰めるためには人並み以上の努力も重要と覚えておいてください。とにかくオーディションを受けまくって数をこなす事だと現役声優らは口を揃えて言いますが、まったくその通りでちょい役でもいいからチャンスをつかむには、地味ですが積極的に受けまくる事が一番なのです。

基本的に台本を読むのですが、感情を込めて読むには作品の世界観と作者の意図を正確に読み取る力に加えて、漢字交じりの台本を間違いなく読み上げる読解力が必要です。アニメファンならわかるはずですがアニメソングを歌う歌手も声優業の1つに加えられているように、台本を読む以外にテーマソングを歌う役割の人もいます。こうして考えていくと声優はタレント性も併せ持つエンターテイメントの担い手であるとも言えます。